危険な一面

危険な一面としては、その経験が昨日や今日などの浅いものとは異なり、何十年ものキャリアがあるがゆえに、今までに一度も起こらなかったことに関しては、知らず知らずのうちに起こりえないと思えるようになってしまう事です。人が通る姿を見たことがなかった細い通路を人が歩くことが絶対無いとは言い切れないはずです。雨が降ったり雪空の夜など、悪い条件が重なったときなどに事故が起きる可能性は大きいのです。車を運転するときにおいては、毎日が、毎回がすべての運転者が新しい条件のもとに立っているといわざるを得ません。死角を大別すると、(二車の構造による「車の死角」(二)走行中の周辺の車両の相互間によって発生する「車両相互の死角」(三)道路の構造や建造物、道路上やその付近に置かれた障害物などによってもたらされる「環境障害」(四)朝・昼・夜、天候、季節、自然現象によってもたらされる 「自然現象死角」の四つが考えられる。死角の中で最も知られているのが「車の死角」でしょう。教本では学んだはずですが、実際に自分の車の死角の範囲を実測した人は何人いるでしょうか。駐車車両が少ない駐車場などを利用して、協力者の手を借りて実測してみると、自分の車の死角の広さ、範囲の場所を確認出来ると同時に、自分で思っていた以上に、広いことに驚かされるはずです。この時に、自分の車の車幅を確認する事も忘れないでください。死角を知ると同時に車幅を知っていると、狭路を通過する場合などで、助手席側のサイドを障害物に接近させる際などに活用できます。

参考:中古車を25万高く売った方法を紹介

ベテランドライバー

ベテランドライバーと言われる経験が豊富なはずの運転者でさえ、日常茶飯事のように事故を起こしています。車の運転の難しさ、恐さは、ここにあるのです。あなたがたも、常に気を緩めることなく安全運転をしてほしいものです。「死角」という悪魔車交通社会を複雑なものにしているものに、限られた同じ道路を運転免許取り立ての初心運転者をはじめ、ベテランと呼ばれている経験豊富な運転手など、運転に関して経験の上で幅広いさまざまな運転手がいることです。そして、超大型車をはじめ大型車、中型車、小型車、自動二輪車、原付車、そして自転車利用者、歩行者と、あらゆるものや人が混在し利用し合っていることが挙げられます。そして、車の運転の難しいところは、たとえ何十年も無事故無違反の立派な経験を積んでいる優良運転者であったとしても、今日、そして明日に交通事故を起こさないと保証することは残念ながら誰にでもできないということではないでしょうか。車の運転で、ベテランドライバーでさえも思いも寄らない重大事故の落とし穴にはまってしまうものの一つに「死角」という畏があります。「まさかこんなところに人がいたなんて・:」「こんなところから飛び出すなんて・:」などといった事故が後を立ちません。いくらベテランといえども、運転で見落としてはならない重要な情報を見落としたのでは、事故になってしまう可能性は非常に高くなります。運転の判断能力などで、長い運転経験から学びとることが多いことも事実。

参考:

初心運転者に対して

また、その上に注意をしなければならないことは、一見なんでもなさそうですが、となりの車線を走っている車が何かの原因で急に自分の車に接近しないとも限らないということです。そして、車の運転者として最も注意を払わなければならないところは、極めて常識的ですが「見通しの悪い場所」なのです。坂の頂上、カーブ、並木や分離帯に植え込まれたかん木、トンネル、違法駐車車両、はみだした広告看板、当たりかまわず目をちかちかさせる照明、など、運転者の視界を閉ざすもの、妨げるものに対しては、細心の注意と警戒心を持って運転しなければなりません。「認知」すると言うことは、これまで述べてきた通り、ただ漠然と眺めることではありません。安全運転をするための情報として何が重要であるか、何がそれほど重要でないかを判断できる能カを持たなければなりません。これは、経験の中から学べるものでしたら経験を積むことによって学べますが、経験した時に死んでしまってはどうすることもできません。一般的に初心運転者に対して言われる言葉に、「三カ月、三千キロメートル」という言葉があります。その意味は、車の運転を始めたころは、運転免許証を取得したものの隣の席には指導員の姿はなく、不安な気持ちで運転をしているはずですが、三カ月が経過した頃、走行距離が三千キロメートルを経験したこの頃になると「運転てこんなものか」「運転てやさしいものだ」と慢心して事故を起こす人が多くなると言うことです。

出典:

安全な運転をする

たとえば、同じ車に乗った十人の人に通り過ぎた光景の中で印象に残ったものを聞いてみると、十人十色で人それぞれにまったく違った印象を語ることからも知ることができます。運転中に脇見運転をして交通事故になってしまったことなどはよくある話です。このように、人それぞれに自分なりの個人の情報をとりながら車の運転をしていることになりますが、安全な運転をする上では、関心や興味のいかんに関係なく、常に運転に必要な情報を選択しなければなりません。道路上に氾濫し、しかも刻々と変化する状況の中にある運転に必要な情報とは、いったいどのようなものでしょうか。それを大別すると二つになります。ひとつは、自分の車と衝突や接触の可能性を持つものがあるかどうか、ふたつめは、自分の車に減速を強いるものや車線変更を強いるものがあるかどうかなのです。すなわち、自分の車とクロスするものがあるかどうかと、自分の車と同じ線上の前方と後方に衝突する可能性のあるものがあるかどうかを探すことです。自分が進行しようとしている前方を横切る自転車、歩行者、車、動物などがあるかどうか、自分の車の進行方向前方に自分の速度よりも遅い車があるかどうか、また停車している車などがないか、後方から追いついてくる車がないか、などを見落とすことなく情報として収集しなければなりません。危険の度合いとしては、自分の車より遠くにあるものより近くにあるもの、動かないものより動いているもの、特に速度差の大きいものに危険度が高いことを理解しておく必要があります。

参考:

正しいドライビングポジション

この場合には、飛び出してきたものより前か後方に視線を向けて、肝心の目標を避けるという方法です。(三)は、通常の運転において、運転手がとらなければならない「目」の使い方です。このように、「目」が持っている重要な役割をしっかり再確認してください。少しでも有効に「目」、』を活用できるようにするためには、運転者は、常に正しいドライビングポジションをとる必要があることも、決して忘れてはなりません。「認知」するということ安全運転をするためには、的確な「認知」「判断」「操作」が重要であることは、自動車学校で耳にタコが出来るくらい聞かされてきたはずです。本当の事ですから、あなた方もしっかりと身に付けてください。問題は、これらを具体的にどのようにして身に付けていけば良いかということです。「認知」「判断」「操作」のうち最初の「認知」が運転の基本ですが、仮に間違った「認知」をしたならば、次に来る「判断」「操作」が間違った方向に進んでしまうことは当然のことです。それだけに「ものを見る」ということがいかに大切であるかを理解する必要があるのです。人間は感情に生きる動物であると言われています。つまり、元来人聞は、自分に関心があり興味のあるものを自にした場合には、強い印象が残るとともにより長く眺めていたいと思う欲求にかられます。反対に、あまり興味のないものや嫌いなものに対しては、同じように見ていたにもかかわらず、情報の対象とはせずに見過ごしてしまったり、時には目を逸らせてしまうことさえあるという習性があると言われています。

出典:

WordPress Themes